読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夫と父とそれから私

なんでもすぐに忘れてしまう

好きな絵本

photo by hstower

絵本たまにおもしろいのあってオッと唸る作品に出会うときがたまにある. ぼくが好きなのは,バムとケロシリーズだ.

バムっていう犬とケロっていうカエルの話で,2匹の日常が淡々と語られる. そもそも種類も違うし,バムの祖父は犬だから絶対親子とかではないんだけど,バム異様にやさしくてケロがなにしても文句とか言わず,やれやれって感じで対処してる.

普通にストーリーもおもしろいんだけど,絵がめっちゃ書き込んであって,何回か読み返さないと伏線に気づかなかったりする. 他の話に出てきたやつもチラチラ出てきたりして絵を眺めているだけでもおもしろい. 子どもたちも他の話とリンクしている要素を見つけると,「あっ!これ他ので出てきたやつや!」とか言って楽しんでいる.

シリーズなんで色々あるけど,せっかくだからオススメの順番を書いておく.

バムとケロのおかいもの

バムとケロのおかいもの

おかいものはまさに絵を楽しむって感じで,バムとケロのまわりがどうなってるのか眺めているだけでも楽しい.

バムとケロのさむいあさ

バムとケロのさむいあさ

さむいあさはおかいもののいっこまえのやつ. ともだちのかいちゃんとの出会いの話. おかいものとめっちゃリンクしてる感じでリンクを見つけるとニヤッとできる.

うちにかえったガラゴ

うちにかえったガラゴ

同じ作者の作品でガラゴシリーズというのもある. バムとケロシリーズと同じ世界観でおもしろい. これはおかいもの読んでから読むとニヤニヤが止まらない.

バムとケロのもりのこや

バムとケロのもりのこや

ここまでの全部読んだならもりのこやを読むしかない. きっとバムとケロシリーズの虜になっているはずだ.